FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
映画「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」
今日大阪ステーションシティシネマで「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」3D字幕版観て来ました。

「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」
「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」

幾度も映像化や舞台化がされているアレクサンドル・デュマの冒険活劇「三銃士」を、『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督が映画化したアクション・エンターテインメント。
無鉄砲な主人公を『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマンが演じるほか、行く手を阻むバッキンガム公爵を初の悪役となるオーランド・ブルーム、謎の美女ミレディをミラ・ジョヴォヴィッチがなまめかしく好演。
中世の欧州を舞台にした剣士たちの冒険のドラマ「三銃士」の世界が8台の3Dカメラを駆使して撮り上げた驚異の映像美とダイナミックな映像で繰り広げられる。
剣による決闘や銃撃戦に加えて、空中戦も飛び出すアクティブな見せ場から目が離せない作品。


昔読んだアレクサンドル・デュマの「三銃士」がSFっぽい要素を含んだアクション作品になるとは思わなかった。
ミラ・ジョヴォヴィッチのミレディーも男を振り回す悪女ぶりがはまってます。
オーランド・ブルームの敵役もなかなかのもんです。
戦闘シーンも結構気持ちがいいほどやってくれてます。
欲を言えば空中戦が前評判ほどでなかったことが残念だけど、でもなかなかのものでした。
古典的なお話をここまで楽しめるエンターテイメント作品に仕上げれば上出来といえるでしょう。
まあ、細かいツッコミは置いといて、子供からおとなまで楽しめる作品ではないでしょうか。
スポンサーサイト
[2011/11/06 17:04 ] | 映画 | コメント(1) | トラックバック(0)
<<映画「マネーボール」 | ホーム | 映画「カウボーイ&エイリアン」>>
コメント
私も観てみようかなって思ってます。
[2011/11/06 19:47]| URL | リリー #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。