FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・マイポ・チリ レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニヨン[2010]
久しぶりにワインブログです。


バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・マイポ・チリ レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニヨン
バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・マイポ・チリ レゼルヴァ・カベルネ・ソーヴィニヨン[2010]

バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドは言わずと知れたシャトー・ムートン・ロスチャイルドを手がける超有名ワイナリーです。
そしてこのバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドがチリに設立した子会社がバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・マイポ・チリで、エスクード・ロホ、レゼルヴァ、マプの3つのシリーズを展開しています。
カベルネ・ソーヴィニヨンらしいブラックベリー、黒スグリ、ブルーベリーといったベリー系の香りが広がります。
フレッシュで丸みのあるタンニンが優雅なバランスの良いワインに仕上げています。
長く残る力強い余韻が心地良いワインです。
個人的にはもう少しスパイシーな感じが欲しいけど、値段もお手頃なのでお勧めです。
スポンサーサイト
[2012/06/03 12:38 ] | ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
キュヴェ・デ・ダンテル・ヴィエイユ・ヴィーニュ A.O.C.コート・デュ・ローヌ[2010]
久しぶりにコート・デュ・ローヌを開けました。

キュヴェ・デ・ダンテル・ヴィエイユ・ヴィーニュ A.O.C.コート・デュ・ローヌ[2010]
キュヴェ・デ・ダンテル・ヴィエイユ・ヴィーニュ A.O.C.コート・デュ・ローヌ[2010]

パリ農業コンクール2011年金賞受賞のワインです。
ざくろやいちじくなどの赤果実の程よく凝縮した香りと、ほのかにドライ・ハーブのニュアンスが広がる香りと味わいが感じられる。
酸味とタンニンは中盤から存在感が増し、スパイシーな余韻を残します。
程よいインパクトの楽しめるミディアムボディのワインです。
ぶどう品種はシラー、グルナッシュ。

[2012/04/28 16:06 ] | ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
3月のボトルワイン
3月はなんか忙しくて、全然ブログ更新出来なかった。
ということで、3月に開けたボトルワインの銘柄だけアップします。

・ピエール・ドゥラトゥール・カベルネ・ソーヴィニヨン A.O.C. ボルドー[2009]
・レゼルヴ・サン・ミッシェル PEYS D'OC IGP ピノ・ノワール[2009]
・レゼルヴ・サン・ミッシェル PEYS D'OC IGP カベルネ・ソーヴィニヨン[2010]
・セヴィヨン・ルージュ VIN DE PAYS D'OC[2008]
・シュヴァリエ・ドゥ・サン・アンドレ A.O.C.ボルドー
・シャトー・ビュジャック・ラ・クロワゼット A.O.C. ボルドー[2010]
その他。

以上、どれも外れはなかったです。
[2012/04/09 14:12 ] | ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
アンターニョ・コセチャ D.O. リオハ ブランコ[NV]
アンターニョ・コセチャ D.O. リオハ ブランコ
アンターニョ・コセチャ D.O. リオハ ブランコ[NV]

スペイン リオハ地方産の辛口の白ワインです。
香りは豊かでボリューム感があります。
味わいはなめらかで、程よい酸味もあってうまくまとまってます。
テーブルワインとしては可もなく不可もなく、こんなもんかなって感じです。
[2012/03/18 11:01 ] | ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット)[2009] プライベート・リザーヴ・ボルドー・ルージュ

ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット)[2009]
ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット)[2009]プライベート・リザーヴ・ボルドー・ルージュ


5大シャトーの中でも最も入手困難を極める『ボルドーで最も偉大なワイン』と言われるボルドー第一級筆頭 グランクリュ[シャトー・ラフィット・ロートシルト]を所有する、[バロン・ド・ロートシルト]が産み出した衝激安旨ワインです。
ボルドー各エリアに[バロン・ド・ロートシルト]が所有する畑から、ラフィットグループのテクニカルチームがブドウを厳選し【ラフィットのエレガンス】にこだわり抜いて造りあげた【男爵の秘蔵ワイン】。


あのラフィットの名を冠するワインが千円台で飲めるのは驚きです。
と言っても、所詮は千円台のワインですから美味いといってもそこそこなもので、シャトー・ラフィットと同じように重厚でパワーのあるワインを期待してはダメです。
でも、香りや味のバランスがとてもよく仕上がっていて、すごく飲みやすいミディアムボディーの普段気軽に飲むにはいいワインです。
[2012/03/11 15:17 ] | ワイン | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。